50万円まで非課税な「一時所得」とは?

イメージ画像

学資保険には、一回で受け取るタイプと
2回以上に分けて受け取るタイプがあります。

一回で受け取る学資保険は
積み立てや養老保険の満期金と同じ「一時所得」
という扱いになります。

この記事では「一時所得」を利用して
所得税・住民税の減免を受ける場合について、解説します。

対象となる保険:
大学入学時に一度で支払われるタイプの学資保険
養老保険の満期金、死亡保険金など

払い込んだ保険料と、利息の差額が「所得」と見なされます。
要するに、利息で増えた分=所得です。

他の一時所得(賞金など)と合わせて
年間50万円までが控除の対象となります(基礎控除と言います)。

課税対象額の計算方法

まず、受け取った満期保険金額から
支払った保険料の総額を引きます。

すると利息分が出ます。
これが、一時所得として処理できる金額です。

他の一時所得があれば足します。
そこから「基礎控除額=50万円」を引きます。

その2分の1が「課税対象額(払う税金の金額ではありません)」です。

計算式にすると

満期保険金額 ー 支払い保険料総額 = 学資保険の利息分(A)
(A) + その他の一時所得 = 一時所得の合計額(B)
((B)ー 50万円) × 2分の1 = 課税対象額(払う税金の金額ではありません)

つまり
50万円以下の一時所得=課税対象にならないということです。

保険はハードルが高いイメージですが
税金の面でとても優遇されているので、上手に利用してくださいね。

銀行預金に預けた場合、こんなリスクも・・・知っていましたか?

大切な知識ですので、ぜひ読んでおいてくださいね。

子どもができたら、保険の見直し。

子どもができたら、学資保険だけでなく
生命保険も含めて見直しが必要です。

「保険ガーデン」では
経験豊富なファイナンシャルプランナーが
公平なアドバイスをしてくれます。

この機会にFPに相談してみてはいかがでしょうか?

(無料相談に行くだけで豪華なお土産までもらえます!)

イメージ画像