学資保険に「育英年金」は必要?

イメージ画像

学資保険に付く「育英年金」を知っていますか?

最近は扱いが少なくなり、知らない人も多いかもしれません。

この記事では、子どもを守る「育英年金」について解説します。

 

育英年金とは?

学資保険の「育英年金」とは
親(契約者)が死亡・高度障害の場合に
子どもを養育するために受け取れる年金です。

育英年金があるものは「保障重視型」の学資保険になります。

保険は元々「相互扶助」の精神で作られています。
簡単に言えば「困った時は助け合おう」ということです。

この相互扶助の精神に基づき

不幸な境遇に陥った子どもを守るのが、育英年金です。

育英年金をつけると返戻率は下がる?

育英年金をつけると
返戻率は100%以下になります。

生命保険で万が一に備えておき
返戻率重視型の学資保険を選ぶ、という考え方もありです。

最近「所得保障保険」がトレンドで
生命保険に付加する特約もあります。

死亡保障や所得保障をほかで持っていれば、
育英年金にこだわる必要はないでしょう。

共済や、高額な死亡保障を持っていない人には

子どもを守るために
おすすめしたい
特約です。

育英年金の付加できる学資保険は?

太陽生命「わくわくポッケ」

太陽生命の「わくわくポッケ」は
「育英年金」または「医療特約」のいずれかを付加できます。

契約者の死亡だけでなく、
高度障害・就業不能の場合にも

子どもが20歳になるまで毎年120万円
という、現在国内最高額の育英年金です。

払込免除条件は

・契約者の死亡
・高度障害
・就業不能

にも対応しています。

医療特約も内容が充実しているので、
「保障のメリット」を重視するなら必ず検討したい学資保険です。

第一生命「Mickey」「子ども応援団」

第一生命の「Mickey」「子ども応援団」は
育英年金を付加できる学資保険です。

学資金の支払いが開始するまでに
払込免除条件に該当した時に、

学資金の受取り開始まで
毎年、基準保険金額(学資金1回分)を受け取れる

という条件になっています。

払込免除条件は

・契約者の死亡
・高度障害
・「子ども応援団」のみ三大疾病等での所定の状態

が該当します。

例えば、基準保険金額が60万円で
子どもが10歳の時に親が死亡した場合

18歳までの7年間
毎年60万円が支給される、ということです。

第一生命は学資保険に力を入れているので
育英年金や医療保障を
希望に合わせてカスタマイズできる
点がおすすめです。

 

日本生命「ニッセイ こどもの保険 げ・ん・き」

ニッセイでは
主力の「ニッセイ学資保険」とは別に

「ニッセイ こどもの保険 げ・ん・き」があります。

「ニッセイ学資保険」は返戻率重視、
「ニッセイ こどもの保険 げ・ん・き」は保障重視です。

契約者が死亡した場合、
保険期間が満了する22歳まで
毎年、基準保険金額の40%
が支給されます。

「ニッセイ こどもの保険 げ・ん・き」の基準保険金額は
「22歳で満期金として受け取る金額」です。

基準保険金額が150万円で
子どもが10歳の時に親が死亡した場合、

毎年60万円が22歳まで受け取れます。

学資保険の「育英年金」で注意する点とは?

学資保険は「契約者=両親のうち稼ぎの多い方」にするか
共働きの場合、両親それぞれが加入しておきましょう。

なぜなら
母親が学資保険の契約者なら
父親が死亡しても育英年金は受けられないからです。

また、祖父母が孫のために加入する場合も
「契約者=祖父母」なら「親の死亡時」の育英年金はありません。

育英年金の条件は「契約者」の死亡時(または高度障害など)だからです。

学資保険では「誰を契約者にするか」
よく考えて加入してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

育英年金は、付加することで返戻率が100%以下になりますが
生命保険で十分な備えをしていない人にとっては
「高い返戻率で保障を付加できる」特約です。

必要かどうかは

・生命保険でいくら備えをしているのか?
・障害状態の時にも支給される終身年金タイプの特約が付いているか?

など、総合的に判断する必要があります。

お子さんが生まれたら他の保険も見直して
万が一の時に家族が困らないよう準備をすることが大切です!

一度、ファイナンシャルプランナーに相談してみると
総合的に見てくれるので安心ですよ。

子どもができたら、保険の見直し。

子どもができたら、学資保険だけでなく
生命保険も含めて見直しが必要です。

「保険ガーデン」では
経験豊富なファイナンシャルプランナーが
公平なアドバイスをしてくれます。

この機会にFPに相談してみてはいかがでしょうか?

(無料相談に行くだけで豪華なお土産までもらえます!)

イメージ画像