学資保険の<返戻率>とは?

イメージ写真

「返戻率重視型」の学資保険は
返戻率が100%以上=お金が増えます

なぜでしょうか?

それは払い込まれた保険料を
保険会社が運用しているからです。

そこから保険会社の必要経費を差し引いて、
受け取り時期の来た契約者に還元します。

決められた期間保険料を払い込むと、
払い込んだ以上のお金を受け取れます。

学資保険の返戻率とは?

支払った保険料に対して
戻ってくる学資金が何パーセントになるかを

返戻率(へんれいりつ)」と言います。

戻り率・受取り率など、保険会社により違う呼び方もあります。

計算式にすると、
(受取り総額)÷(支払った保険料総額)×100=返戻率
です。

学資保険では、親・子どもの年齢により
101〜108%程度になるのが一般的です。

一方で、銀行の定期預金は+0.2%程度(100.2%)。

定期預金と比べると、なんと
学資保険の方が5〜40倍も利率が良いのです。

これが「返戻率重視型」学資保険の1番のメリットです。

税金も銀行よりお得です。
こちらで解説していますので、読んでみてください。

 

※育英年金や医療特約を付加した
「保障重視型」の学資保険についてはこちら。

学資保険に「育英年金」は必要?
学資保険に「医療特約」は必要?

 

子どもができたら、保険の見直し。

子どもができたら、学資保険だけでなく
生命保険も含めて見直しが必要です。

「保険ガーデン」では
経験豊富なファイナンシャルプランナーが
公平なアドバイスをしてくれます。

この機会にFPに相談してみてはいかがでしょうか?

(無料相談に行くだけで豪華なお土産までもらえます!)

イメージ写真