学資保険は<生命保険料控除>の対象?

イメージ写真

学資保険は、保険料を払い込んだ年の「生命保険料控除」の対象となり、【所得税と住民税が安くなる】というメリットがあります。

生命保険料控除とは、

「生命保険料を払ったら、
 その分所得を少なく見積もって所得税・住民税を計算してくれる」

という制度です。

会社の年末調整の時に、生命保険料控除の紙を提出しますよね。
また、個人事業主などの場合は、確定申告の時に記入するのでお分かりになると思います。

学資保険も、契約者=親(または祖父母)の生命保険料控除の対象になるんですよ!

現在、生命保険料控除の対象になるのは、一人当たり年間の生命保険料が合計8万円、控除額としては合計4万円になります。

生命保険で年間8万円払っていない方は、まだ控除額が残っていることになりますので、
これから入る学資保険の分も加えることができるんですね!

当然ですが、銀行の定期預金をしたのでは、生命保険料控除の対象にはなりません。貯蓄をするなら、保険を上手に活用することが税金対策にもなってお得だということです。

▼こちらも合わせてお読みくださいね!

迷っちゃったら、プロに相談。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
担当FPの人柄と経験で選ぶなら【保険ガーデン】 ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
FPで選ぶならココ!「保険会社」を紹介するのではなく、
数ある保険代理店より「人柄」と「経験」より厳選したFP個人をご紹介します。
▼無料相談完了で岡山県産一等米5キロを全員にプレゼント。▼

イメージ写真