学資保険は受け取る時<所得税>がかかる?

イメージ画像

学資保険は、受け取りの時に<所得税>がかかります。ですが、銀行の定期預金を受け取る時にもかかるって知っていましたか?

実は、「学資保険の<教育資金・満期金の受取り時の所得税>は、銀行の定期預金を受け取るよりも安い」んです。

銀行の定期預金では、「源泉分離課税」といってなんと利息から「一律20%」の税金が引かれてしまいます。

ところが、学資保険を使うと「雑所得」の扱いになるため、利息にかかる所得税は「5%」(年間195万円以下の場合)です。利息分のみが雑所得ですから、学資保険単体で雑所得の年額が195万円を超えることは、まずありません。

※ 一度で受け取るタイプの学資保険は、「一時所得」の扱いとなりますので、「雑所得」よりさらに所得税は安くなります。基礎控除といって、一時所得全体から50万円が控除されます。一度で受け取るタイプがあるのは、「はじめのかんぽ(かんぽ生命)」や、厳密には学資保険ではないですが「米ドル建て養老保険・学資タイプ(ソニー生命)」などです。

学資保険の雑所得対象額の計算方法

ちょっと分かりにくいですが、

学資保険の雑所得対象額 = その年の受け取り年金額 -(保険料総額÷年金受取回数)

という計算になります。

例えば「300万円払い込み、5年間で毎年65万円ずつ計325万円の教育資金・満期金を受け取る」というプランだったとしたら・・・

65万円ー(300万円÷5回)= 65万円ー60万円 = 5万円

となり、その年の雑所得は「5万円」です。

195万円に満たないので、所得税は「5%=2500円」ですね。

一方、銀行の定期預金では、利率が非常に低いためそもそも5万円などという利息はつかないですが(苦笑)、仮に5万円の利息がついたとしたら、「20%=1万円」持って行かれるということです。

銀行に預けるより学資保険で積み立てた方が、低い税率で高い利息を受け取れるんですね。

いかがでしたか?

▼こちらも合わせてお読みくださいね!

迷っちゃったら、プロに相談。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
担当FPの人柄と経験で選ぶなら【保険ガーデン】 ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
FPで選ぶならココ!「保険会社」を紹介するのではなく、
数ある保険代理店より「人柄」と「経験」より厳選したFP個人をご紹介します。
▼無料相談完了で岡山県産一等米5キロを全員にプレゼント。▼

イメージ画像