<外貨建て養老保険>での学資金準備は危険?!

イメージ画像

学資保険より高い利率の<外貨建て養老保険>での学資金準備を検討する方が増えています。ですが、ちょっと気をつけてほしいことがあります。

それは、学資保険には「払込免除」が付いているというメリットがあるのですが、<外貨建て養老保険>にはそれがないということです。

払込免除とは、

契約者(親)が死亡したら、それ以降保険料の払込は免除され、
教育資金(お祝い金・満期金)は受け取れる

という制度なんです。

あまり考えたくないことではありますが、お子さんを遺して、働き盛りのお父さん・お母さんが不慮の事故や突然の病で亡くなるということは、絶対に起きないとは言い切れません。

そんな時に、大切なお子さんがお金を理由に進学をあきらめることのないように、学資保険では「払込免除」が付いています。

生命保険は、万が一の時に、大切なご家族のために必要なお金を遺せることから「ラスト・ラブレター」という言い方をされることがありますが、学資保険も「ラスト・ラブレター」になる保険なんですね。

ですが、<外貨建て養老保険>は学資保険ではないので、この保障はありません。払込が終わる前に万が一のことがあっても、今までに支払った分が戻ってくるだけです。この点をよく理解して、検討してくださいね。

同時に、万が一の保障として「育英年金」についても知っておいたほうが良いです。詳しくはこちらの記事を参照してくださいね。
学資保険に「育英年金」は必要?

学資保険の「払込免除」の条件

学資保険の払込免除の条件は様々ですが、契約者の「死亡」だけではなく「高度障害」「事故による身体障害」「三大疾病による就労不能状態」などに備えている学資保険もあります。

一部「払込免除の有無」を選べる学資保険もありますので、その場合は必ず付けておくことをお勧めします。

また、他の条件が同じような学資保険であれば、より払込免除の範囲が広い方を選ぶのが良いでしょう。

学資保険の「払込免除」で注意する点

もうお気づきかと思いますが・・・

学資保険では「契約者=両親のうち稼ぎの多い方」にするか、共働きの場合などは、両親で1口ずつ加入しておくことをお勧めします。

もし、お金を稼いでいるのはお父さんなのに、お母さんが学資保険の契約者になっていた場合、お父さんが亡くなっても「払込免除」は受けられません。

また、祖父母が孫のために加入する場合も「契約者=祖父母」にするなら、当然「親の死亡時」の払込免除はありません。

払込免除の条件はあくまで「契約者の死亡時」だからです。

学資保険では、「誰を契約者にするか」もしっかり考えて加入しましょう。

▼こちらも「保障」に関する重要なことになりますので、必ずお読みくださいね!

迷っちゃったら、プロに相談。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
担当FPの人柄と経験で選ぶなら【保険ガーデン】 ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
FPで選ぶならココ!「保険会社」を紹介するのではなく、
数ある保険代理店より「人柄」と「経験」より厳選したFP個人をご紹介します。
▼無料相談完了で岡山県産一等米5キロを全員にプレゼント。▼

イメージ画像