<外貨建て養老保険>での学資金準備は危険?!

イメージ画像

学資保険より高い利率の
<外貨建て養老保険>で学資金を準備する人が増えています。

ですが、実はリスクもあります。

学資保険に付いている「払込免除」が
<外貨建て養老保険>には無いということです。

払込免除とは

・契約者(親)が死亡した場合、それ以降の払込は免除。
・教育資金(お祝い金・満期金)は、予定通り受け取れる。

という制度です。

あまり考えたくないことですが、
不慮の事故や突然の病で

お父さん・お母さんが亡くなる事態も
100%無いとは言えません。

そんな時、遺された子が
お金を理由に進学をあきらめることのないように

学資保険では「払込免除」が付いています。

保険は、万が一の時に家族にお金を遺せることから
「ラスト・ラブレター」と呼ばれます。

学資保険も「ラスト・ラブレター」なのです。

<外貨建て養老保険>は、学資保険ではないので
払込免除がありません。

払込が終わる前に親が死亡したら
今までに支払った分が戻ってくるだけです。

この点をよく理解して、検討してくださいね。

同時に、万が一の保障として「育英年金」も知っておきましょう。
詳しくはこちらから。

学資保険の「払込免除」の条件

学資保険の払込免除の条件は、保険会社によって異なります。

契約者の「死亡」だけではなく

・高度障害
・事故による身体障害
・三大疾病による就労不能状態

などに備えている学資保険もあります。

一部「払込免除の有無」を選べる学資保険もあるので、
必ず付けることをお勧めします。

また、他の条件が同じであれば
より払込免除の範囲が広いほうを選ぶと良いでしょう。

学資保険の「払込免除」で注意する点

学資保険では「契約者=家計の中心者」にするか
共働きなら、両親で1口ずつ加入をお勧めします。

母親が契約者の場合
父親が死亡しても「払込免除」は受けられません。

また「契約者=祖父母」なら
「親の死亡時」の払込免除はありません。

払込免除の条件は「契約者の死亡時」です。

学資保険は「誰を契約者にするか」も考えて加入しましょう。

▼「保障」についてのその他の記事です。

子どもができたら、保険の見直し。

子どもができたら、学資保険だけでなく
生命保険も含めて見直しが必要です。

「保険ガーデン」では
経験豊富なファイナンシャルプランナーが
公平なアドバイスをしてくれます。

この機会にFPに相談してみてはいかがでしょうか?

(無料相談に行くだけで豪華なお土産までもらえます!)

イメージ画像