7歳〜12歳でも入れる学資保険は?<年齢順ランキング>

イメージ画像

学資保険は、多くの家庭で子どもが0〜2歳になるまでに加入しています。

ですが
必要ないと思ったけど、やっぱり入っておけばよかった・・・

という人もいると思います。

この記事では「大きくなっても入れる学資保険」を
最高年齢が高い順でランキングします。(上位3つは同率1位です。)

大きくなっても入れる学資保険・第1位:JA共済「こども共済」(12歳まで)

JA共済「こども共済」大学プランの被保険者年齢は

0〜12歳。小学校6年生まで加入することができます。

「こども共済」には中学や高校入学時に受け取るプランもありますが、12歳までではありません。

大きくなっても入れる学資保険・第1位:太陽生命「わくわくポッケ」(12歳まで)

太陽生命の「わくわくポッケ」では、

・満期年齢が22歳のプランで0〜12歳
・満期年齢が20歳のプランで0〜10歳

まで加入できます。

保障重視型の「わくわくポッケ」は、被保険者年齢も幅広くて良心的と言えますね。

大きくなっても入れる学資保険・第1位:かんぽ生命「はじめのかんぽ」(12歳まで)

かんぽ生命の「はじめのかんぽ」は
0〜12歳まで加入することができます。

ただし、プランによっては0〜3歳のものもあります。

大きくなっても入れる学資保険・第2位:第一生命「Mickey」「こども応援団」(10歳まで)

学資保険に力を入れている第一生命「Mickey」「こども応援団」は
0〜10歳まで加入できます。

大きくなっても入れる学資保険・第3位:フコク生命「みらいのつばさ」(7歳まで)

兄弟割引で人気のフコク生命「みらいのつばさ」は
0〜7歳まで加入することができます。

まとめ

いかがでしたか?

小学校入学後の7歳や、6年生の12歳まで加入できる学資保険も
意外と多いのですね。

「タイミングを逃した」とあきらめていたご家庭も

もう一度検討してはいかがでしょうか?

ただし年齢が上がれば、払込期間が短いプランになったり
返戻率も変わってくるものです。

公式サイトで試算したり、資料請求をすると良いですね。

以上、「7歳〜12歳でも入れる学資保険は?<年齢順ランキング>」でした。

子どもができたら、保険の見直し。

子どもができたら、学資保険だけでなく
生命保険も含めて見直しが必要です。

「保険ガーデン」では
経験豊富なファイナンシャルプランナーが
公平なアドバイスをしてくれます。

この機会にFPに相談してみてはいかがでしょうか?

(無料相談に行くだけで豪華なお土産までもらえます!)

イメージ画像